>Topics>発達障害の子供を支援する放課後等デイサービスを利用しよう

心と体の成長に不安がある子供のためにできること

心と体の成長に不安がある子供は他の人との人間関係を築くのが苦手だと言われます。そのため他の子どもたちと共に行動をするような環境を作り、コミュニケーション能力を高めることが大切です。

発達が不安な子供に運動がもたらすメリット

小学生

自分の身を守れる

小さいころから運動をさせることで心身ともに成長し、怪我や危険などから身を守ることが出来るようになります。

体を上手に使える

運動をすることで脳と筋肉の感覚統合を促すことができます。それにより様々な感覚が正しく機能することで、体を上手に使えるようになります。

生活習慣の改善

運動をすることで体が適度に疲れ夜眠りやすくなります。そのため生活リズムの改善や体調が良くなるなどの効果が期待できます。

協調性・社会性の向上

協力などをする運動の場合、他の子供と一緒に取り組むことが増えます。そのため協調性が芽生えたり社会性の向上が期待できます。

運動によるストレス発散

運動をすることでストレス発散をすることができます。特にじっとすることが苦手な子供にとっては運動することによって体を思いきり使えるので効果的といわれています。

友達と一緒に運動ができるフレンズジム

フレンズジムでは友達とのスポーツを通じてコミュニケーション能力を高めることが出来ます。

発達障害の子供を支援する放課後等デイサービスを利用しよう

子供

フレンズジムではABAを活用している

フレンズジムではABAと呼ばれる応用行動分析という手法を導入しています。ABAを導入することで不適切な行動をなくし、より良い行動をさせることを可能にしています。

小学生

放課後等デイサービスも行っている

宇都宮にあるフレンズジムでは放課後等デイサービスも行っています。放課後デイサービスとは障害のある6歳から18歳までの子供が学校の終了後や長期休暇中に通うことのできる施設になります。放課後デイサービスでは障害福祉サービス受給者証などがなくても、専門家の意見書などがあれば通うことができます。

フレンズジムで行っていること【療育プログラムと運動療育プログラムの特徴】

療育プログラム

フレンズジムでは療育プログラムとして造形や作業などをやっています。これにより想像力などを育みます。

運動療育プログラム

フレンズジムでは運動療育プログラムとして体操や跳び箱、マットなどをやっています。特に体操では集団での行動になるので社会性や協調性を向上させることができます。

広告募集中