HOME>Topics>福祉車両選びで失敗しないコツを伝授【選び方のポイント】

福祉車両があると便利

福祉車両があると高齢者・障害者の方が簡単に運転や乗り降りができるようになります。

新車と中古車の福祉車両の違い

新車のメリット・デメリット

新車のメリットとしてオプションを付けられることが挙げられます。新車の場合工場で取り付けられますが、中古車に自分で取り付けるのは難しいです。デメリットとして中古車と比べて同じ予算でも選択肢がとても狭くなってしまうことが挙げられます。

中古車のメリット・デメリット

中古車は車検などが残っている場合は自動車重量税が不要になります。しかし新車と比べると保証期間が短くなるため、メンテナンスに気を配る必要があります。

予算と目的に合った福祉車両を選ぼう

機能によって価格が変わるため、目的に合った機能や予算を考えて選ぶことが大切です。

要介護の家族と一緒に出掛けよう!福祉車両の種類

車に乗る人

電動三輪車や四輪車

電動三輪車や四輪車は二輪車と比べバランスがとりやすいため、転倒しにくく危険性が低くなります。

移動入浴車

自宅での入浴が困難な人の入浴介護を目的とした移動入浴車は入浴装置気を搭載しています。

介護者が自ら運転する車両

身体の不自由な人が自ら運転できるように手動運転装置や左右アクセル装置を設置している車両があります。

車いすごと乗れる車両

介護者の車いすでの乗降を補助するためにスロープやリフトが使える車両があります。しかし乗り心地が良くないため、近距離での使用がメインとなります。

介護者の乗降を補助する車両

介護者の乗降を補助するためにシートが回転したり、昇降したりします。主に助手席か2列目シートに設置されています。

福祉車両選びで失敗しないコツを伝授【選び方のポイント】

車

運転者と介護者が利用しやすい車を選ぼう

福祉車両は介護者だけの問題ではないので、選ぶ際は運転者も使いやすいと感じられる車両を選ぶことが大切です。

ミニチュア

購入する前に税金の減免が受けられる場合がある

福祉車両の場合各都道府県によって減免率は変わってきますが、自動車税や自動車取得税の減免を受けることが出来ます。

複数の人

介護者と一緒に試乗に行こう

福祉車両には高齢者・障害者の方自身が運転するものと、周囲の方が運送する為のものの2種類があります。特に後者の場合は周囲の方が乗降を手伝うので、介護者と一緒に試乗に行き実際に試してみることが大切です。

老人

ネットで情報を集めておこう

福祉車両には店舗で見ることができる以上に様々な種類があり、機能が分かれています。そのため介護者に合った福祉車両を探すためには、店舗に赴くだけでなくインターネットで情報を調べる必要があります。

福祉車両についての素朴な疑問

老人

福祉車両の使い方は?

福祉車両の機能や操作に関してはホームページ上で動画などで確認することができます。

福祉車両のレンタルは?

会社によって違ってきますが、福祉車両は借りることができます。

福祉車両はどこで見ることができる?

福祉車両は一部の店舗や展示会などで見ることができます。

今の車を福祉車両にできるのか?

会社によって違ってきますが、介護者に必要な機能を追加することができます。

障害者自身の免許取得はできる?

運転免許試験場または運転免許センターに相談することで、自分に合った車を運転するのに必要な免許が取得できます。

広告募集中